Aquatic入門

アクアエクササイズ(水中運動)やスイミング(水泳)の方法と理論、水泳用語辞典や全国スポーツクラブや室内プールの案内

スイミングテクニック 水泳用語辞典 アクアエクササイズとスイミング スポーツクラブと室内プール

水泳に関連する用語 クロール

クロールストロークとは

クロールは今のところ、四泳法の中でも最も速く泳げるストロークです。そのクロールは他の泳ぎに比べ、慣れると呼吸が楽で、部分的な筋肉の疲労などを覚えることがなく、長時間運動できるという利点があります。

クロール・ストロークは、競技水泳でもレクレーション水泳でも、頻繁に使われるのがストロークです。クロールの呼吸は顔を横に回しながら息を吸うので、平泳ぎより少し難しく思えます。

しかし、多少難しくてもクロールの呼吸をマスターして楽く泳ぐことができれば、レクリェーションとしての水泳を一生楽しむ機会がグーンと増えることが期待できます。

泳法のルール上は自由形(Free Style)ですから,4泳法の中で最も速いクロールで泳ぎます。両手を交互にかき,脚上下に交互に蹴って進みます。呼吸はふつう顔を横に向けて行い,ターンはからだのどの部分が着いて回っても構いません。

ノーブレ・クロールに呼吸動作がはいると,クロールになります。上達して一連の練習(ワーク・アウト)を「キック(脚の練習)」「プル(腕の練習)」をした後に,腕と脚と呼吸の動作を組み合わせるという意味で,コンビネーションの略「コンビ」という場合もあります。

脚と腕の動きは,陸上の歩行と同じで,片脚が前に出ると反対側の腕が前に出ます。しかし実際に泳ぐときに,腕を脚の動きに合わせるのは難しいので,片方の腕が前に出たときに,反対側の脚を蹴り下ろすタイミングでやってみましょう。

この感覚は,泳ぎをおぼえる段階でも大変重要です。陸上では緊張でもしていない限り,脚の運びさえ意識すれば,反対側の腕が自然に前に出ます。ところが水の中は,腕の掻きを意識しないと,脚の蹴り下ろしがスムーズにできないのです。このことは陸上での重心移動と水中のそれとは,重心の位置そのものが違うことにあります。

ストロークの加速
クロールのプルパターン
クロールの手のエントリー
クロールの腕のリカバリー
クロールの入水時に陥りやすい欠点
クロールのキャッチ
クロールのプルで陥りやすい欠点
クロールの入水後に陥りやすい欠点
クロールのフォロースルーで陥りやすい欠点
クロールのキック 
クロールのキックの種類
クロールのキックで陥りやすい欠点
クロールの呼吸の要領
クロールの呼吸の順序
クロールの左右交互呼吸

[更新日]2019/10/02



[PR] 高血圧を3日で改善する(3日間限定14,700返金保証)

Aquatic入門~アクアフィットネス入門~ リンク集

楽天市場