Aquatic入門

アクアエクササイズ(水中運動)やスイミング(水泳)の方法と理論、水泳用語辞典や全国スポーツクラブや室内プールの案内

クロール

クロールのキックは水中で膝をリラックスさせる

クロールのキックの動作中、膝がまっすぐ伸びたままだと、足の差圧による推進力は得られますが、必ずしも泳ぎにプラスになるとは言えません。

10才以下のスイマーは膝が伸びたキックでもスピードを出せますが,それが必ずしも悪いとは言えません。四肢筋より躯幹筋が先に発達する年代のキックは、膝をリラックスして曲げるより、膝を伸ばすことで、躯幹筋の強力なパワーを得ることができるからです。

年齢を問わずキックアップする足は、水面スレスレから水中に蹴り下ろされるべきで、踵が多少水面上に出たとしても,足の甲が水面上に出ることがあってはいけません。

足が水面上に出た後で水中に入る蹴り下ろされるキックは、多くの泡を水中に持ち込んで、不要な渦と泡の抵抗を作り出してしまいます。

水面上で渦と泡による抵抗をできるだけ少なくして、その反動として深く蹴り下ろされるキックで、前進を妨げる抵抗を作らないようにすべきです。

[更新日]2019/10/10



[PR] 高血圧を3日で改善する(3日間限定14,700返金保証)

Aquatic入門~アクアフィットネス入門~ リンク集

楽天市場