Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アトピー性皮膚炎ですがプールで注意することは?

マウス画像 元のページに戻る

免疫の過剰な反応によって起ころとされるアトピー性皮膚炎ですが,夏はじっとしていても,汗をかくことが多くなります。汗はアトピーにとって,悪化するもとになりますが,プールに入る前に汗を洗い流したり,プールで泳ぐことによって常に汗を洗い流すことができますので,アトピーにとってはいいといえます。

しかし,プールの水は塩素で滅菌することが義務付けられています。室内プールの場合特に,この塩素が皮膚に悪さをしたり気道に刺激を与えたりします。アトピーの湿疹は,塩素の刺激でかゆみが強くなったり,湿疹がひどくなったりすることがあるのです。

夏に行くことの多い外のプールはどうでしょう。室内プールと同じように,外のプールの水も塩素で滅菌消毒しています。日本では,この塩素以外の消毒が認められていませんが,同じ塩素使っていても,屋外プールでは塩素が外気に発散する分,水に含まれる濃度は薄いかもしれません。

いずれにしても,プールから出た後のケアが重要です。まず,シャワーでからだの塩素を洗い流し,のどのうがいや目も流水で洗い流す(シャワーと洗眼)ことで,塩素の影響を少なくすることが大切です。

レジャープールに限らず,一日中プールで遊ぶ場合は,途中休む前にも,うがいをしたりシャワーを浴びたりして,のどや目やからだについた塩素を流しましょう。うがいは,プール熱やはやり目などにも有効です。

ただ,シャワーにも塩素が多く含まれていますから,浮遊物を洗い流す程度にとどめます。長く浴びたり,過度に擦ったら逆効果であることもお忘れなく。

[最終更新日] 2017/07/28
マウス画像 元のページに戻る