スイミングテクニック 水泳用語辞典 アクアエクササイズとスイミング スポーツクラブと室内プール

平泳ぎの呼吸

呼吸動作と頭の動き

平泳ぎにおける呼吸のタイミングは、腕の掻きが終わろうとするときにあごを上げて行いますが、頭を上げるのが早すぎたり遅すぎたりすると、ストロークのタイミングが変わったり状態が起きたりして、思わぬところに水の抵抗をつくってしまいます。

また、呼吸動作でまったく頭が動かなかったり、頭を動かしすぎると水中のボディポジションに変化をもたらし、抵抗が増したりスムーズなストロークができなくなる原因になります。

呼吸動作は全体が連続してスムーズに行わなければなりません。ストロークがフィニッシュすることによって発生する上方への浮力を利用して頭を上げた時に呼吸をし、キックの蹴りだしのスピードや腕のリカバリーに合わせて、頭を前方に倒さなければなりません。

[更新日]2010/11/10