Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

バタフライストローク

マウス画像 元のページに戻る
バタフライは平泳ぎの発展上できた泳ぎです。ルール上平泳ぎから分離されることで,泳法の開発が進みました。

バタフライのプル

プールの水中に立って上体を前傾し,両腕を前に伸ばした水中のかきと,水上のリカバリーとを練習します。

バタフライのストロークは,実際にはクロールのストロークとは違いますが,最初は左右同時にかくと思って間違いありません。入水したら,外に水を押し,次に両肘を立てながら胸の前あたりまでからだの中心に向かってかき,そのあと太ももまで外に向かって,水上に抜き上げます。

何回かできるようになったら,呼吸をしないでノーブレバタフライをします。うまくできなかったら,片手をビート板に乗せた片腕プルやビート板なしの片腕プルで練習するといいでしょう。

バタフライのスタート

壁を蹴るか水上からスタートしたスピードを,1回目のストロークをするまでを浮き出しのタミングをおぼえます。最初はスタートした後ドルフィンキックを数回して浮き上がります。次にドルフィンキックのあとに水をかき,かき終わったときに後頭部が水面に出るようにタイミングをあわせます。

このようなタイミングにすることは,1回目のストロークが終わったとき,からだは通常の泳ぎと同じ深さにあるようにするためです。つまり,浮き上がりと同時に呼吸をするのではなく,1回目はノーブレのあとリカバリーします。呼吸を入れるのは2回目のストローク以降になります。

バタフライのスイム

バタフラは,ノーブレバタフライから練習して,最終的に2ストローク1ブリージング(呼吸)を完成させます。ノーブレバタフライは滑らかなストロークをマスターするために,呼吸はあごを水面につけるようにして,上下動の少ないうねるようなバタフライをおぼえることが大切です。

[最終更新日] 2017/04/30
マウス画像 元のページに戻る