Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

呼吸の練習

マウス画像 元のページに戻る

水泳の前呼吸

壁キックの時の要領でプールの中に立って,顔を前に上げてする呼吸(前呼吸)を練習をします。肩を水中に沈めて,あごを水面につけます。口を閉じてあごを引きながら,水面が髪の毛のはえぎわにくるまで顔を水につけます。頭をゆっくり起こしはじめ,水面が口元近くになったら,勢いよく顔を上げながら,息を強く吐き直後に吸います。

子供の場合は将来競泳をする可能性もありますから,水中では呼吸を止めて,頭を回して口が水面近くになった時にイッキに息を吐きますが,大人は水中で少しずつ息を吐くのがいいでしょう。子供は最初から息を止めて練習すれば,息を止めながらでもリラックスできます。

子供と大人の呼吸の違いは,前呼吸で顔を上げたときに,アゴを水面から離さないという点では同じですが,横呼吸の場合は,少しタイミングを違えておぼえたほうがいいでしょう。詳しくは後日追加していくことにします。

[最終更新日] 2017/05/25
マウス画像 元のページに戻る