Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

2011 FIFA世界水泳

マウス画像 元のページに戻る

第14回FIFA世界水泳選手権大会(14th FINA WORLD SWIMMING CHAMPIONSHIPS)
主催:国際水泳連盟(FINA)
開催地:中華人民共和国(上海市
時差:日本より1時間遅い
開催期間:2011年7月16日(土)?31日(日)
参加国:世界およそ170の国と地域
会場:オリエンタルスポーツセンター浦東(上海市)
2010年上海万博会場の南側に今大会のために新設された大型スポーツ公園
競泳&シンクロ:屋内・仮設プール(18,000人収容)24?31日
水球:屋内・常設プール(5,000人収容)
飛込:屋外・常設プール(5,000人収容)
———————————————————–
種目:5競技・66種目(オリンピックを超える規模)
競泳:男20種目/女20種目(オリンピックにない50m種目も実施)
シンクロ:「ソロ」「デュエット」「チーム」(それぞれテクニカル決勝・フリー決勝)「コンビネーション」 合計7目
飛込:男5種目/女5種目
水球:男1種目/女1種目
オープンウォータースイミング:男3種目/女3種目/チーム1種目

第11日(26日)
男子100m背泳ぎ決勝で入江陵介(イトマンSS)が52秒98をマークし、今大会の日本勢での第1号となる銅メダルを獲得しました。
第12日(27日)
男子200mバタフライ決勝で松田丈志(コスモス薬品)が1分54秒01で銀メダルを獲得しました。
男子200mバタフライ 決勝
2位 松田 丈志 1:54.01 JPN
男子200m背泳ぎ 決勝
2位 入江 陵介 1:54.11
男子200m平泳ぎ 決勝
2位 北島 康介 2:08.63
女子50m背泳ぎ 決勝
2位 寺川 綾 27.93
男子400m個人メドレー 決勝
3位 堀畑 裕也 4:11.98 日本新

[最終更新日] 2017/09/25
マウス画像 元のページに戻る