Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

腹式呼吸 [Abdominal breathing]

マウス画像 元のページに戻る
横隔膜は筋肉と腱でできている

横隔膜を押し上げ、胸郭をひろげて空気を出し入れする呼吸のしかたをいう。

横隔膜は胸部と腹部の境目が凸状のドームになっています。この横隔膜を押し下げると胸郭が広がって肺に空気が入ります。このとき押し下げられた横隔膜に腹部が圧迫されてお腹が膨らみます。

腹式呼吸は胸式に比べ、一度にたくさんの空気を入れることができ、同じ強さで長く履くことのできる特徴があります。

水泳のおぼえ始めは胸式呼吸ですが、慣れてくると腹式呼吸になります。このほうが水中抵抗が少なくなり、呼吸能力を高めることにもつながります。

[最終更新日] 2016/03/22
マウス画像 元のページに戻る