アクアフィットネス入門

アクアエクササイズ(水中運動)やスイミング(水泳)の方法と理論、水泳用語辞典や全国スポーツクラブや室内プールの案内

水中運動 水泳用語 スイミング 室内プール

「 クロール 」 一覧

no image

クロールの腕のリカバリー [Crawl stroke recovery]

2016/04/04   -クロールのプル
 

クロールにおける腕のリカバリーは、どんな時でも手首より肘を高く保って、水上を前方に運ばなければなりません。このように肘が高く保たれた腕の状態を、ハイエルボーと言います。 水中でプルを終えた腕は、肘を水 …

no image

クロールのフォロースルーにおけるデメリット

2016/03/25   -クロールのプル
 

早すぎるリカバリー 腰のあたりで肘がリカバリー動作に入るのは早すぎるリカバリーといえます。 水中の手が後方まで完全に行われないと、ストロークによる十分な加速が完了しません。 強調しすぎるリカバリー 肩 …

no image

クロールのプルにおけるデメリット

2016/03/25   -クロールのプル
 

外側へのプレス クロールのプルは、手で水をキャッチした後、肘を曲げながら肩を越して腰まで続けられます。 手は水をプレスしながら下降に向かい、肩のラインを越すあたりには、前腕と上腕の角度は、90度近くに …

no image

クロールの入水後におけるデメリット

2016/03/21   -クロールのプル
 

フォロースルーはしっかり後方まで水を押す プルによる推進力をさらに加速させるために必要なのがフォロースルーです。水中のストロークの完了がこのフォロースルーになります。 お腹の下を掻いた手は、肘を伸ばし …

no image

クロールの入水時における陥りやすい欠点

2016/03/21   -クロールのプル
 

入水が頭に近すぎる 前方で水をつかめないプルは、クロールの腕がリカバリーした後、手が頭のすぐ前や顔のすぐ前に手がはいることによって、キャッチ(水をつかむ位置)が深くなり過ぎることで起こります。 入水す …

no image

クロールのキャッチ [Catch]

2016/03/21   -クロールのプル
 

キャッチは肘が伸び切るのと同時に行われます。十分なプレスされた強いキャッチを行うには、肘が伸び切るのに合わせて、掌をプールの底へ沈めることから始めますが、掌を沈めながら肘を前方に押し出すようにすると水 …

no image

クロールの呼吸の要領

2016/03/20   -クロール
 

呼吸をする側の手のプルが終わるときに息を一気に吐き、同時に反動で吸いますが、その時口は十分に水面上に出ていなければなりません。 しかし、前述したように意識して水上に出す必要はありません。通常泳いでいれ …

no image

クロールのキック [kick]

2016/03/20   -クロール
 

クロールのキックは、平泳ぎなどの足首や膝を曲げて推進力を得るキックに比べて、つま先まで伸ばした脚を、左右交互に上下に動かすことによって推進力を生み出します。このように、足首や膝を伸ばしたキックを、ヒュ …

no image

ストロークの加速 [Acceleration]

2016/03/20   -クロールのプル
 

プル(腕の水中動作)は、指先が入水すると同時に、手のひらで下方にプレスするように、相対的にゆっくりと動き出すことが大切です。これによってプルは強い水のキャッチを得ることができます。 手の平にできるだけ …

no image

クロールの呼吸の順序

2010/04/07   -クロール
 

クロールに限らず、水泳の呼吸はリズミ力ルに行われなければなりません。 そして、ス卜ロークのどの時点においても、息をこらえるべきではありませんが、息を楽にするためにはちょっとした工夫も必要です。 呼吸は …

no image

クロールの左右交互呼吸

2010/04/07   -クロール
 

クロールの呼吸動作は、頭を横に回すことで楽に行われます。基本的にクロールの呼吸は、左右どちらか好きな方に顔を上げて呼吸を行います。 ただし、クロールを覚える初期の段階で、呼吸を片側だけしか練習しないと …

no image

クロールのキックにおけるデメリット

2010/04/05   -クロール
 

クロールのキックの動作中、膝がまっすぐ伸びたままだと、足の差圧による推進力は得られますが、必ずしも泳ぎにプラスになるとは言えません。 10才以下のスイマーに見られる、膝が伸びたキックが必ずしも悪いとは …

no image

クロールのキックの種類

2010/04/05   -クロール
 ,

キックのパターンには次のようなものがありますが、スイマーの泳ぎが、如何にスムーズに泳ぐことができるかによって決定されるべきです。 6ビートキック: 1サイクル(左右腕の掻きが一回)のストローク中に、6 …

no image

クロールの手のエントリー [crawl stroke entry]

2010/03/18   -クロール
 

クロールの手の入水(エントリー)位置は、横から見ると腕をまっすぐに伸ばした位置と、頭のてっぺんの中間ぐらいで、限りなく前方に指先から入水すべきです。 また前方から見ると、身体の中心と肩の中心近くに手に …

no image

クロールのプルパターン [Pull pattern]

クロールまたは自由形と呼ばれる泳ぎからは、他の泳法より速く泳げるストロークであることは、他の泳法と記録を比較しても解ります。さらにクロールストロークは、スピードを柔軟に調節できるので、長い時間泳いでも …

no image

クロールストローク [Crawl stroke]

クロールは今のところ、四泳法の中でも最も速く泳げるストロークです。そのクロールは他の泳ぎに比べ、慣れると呼吸が楽で、部分的な筋肉の疲労などを覚えることがなく、長時間運動できるという利点があります。 ク …




サイト内用語検索



[PR] 高血圧を3日で改善する

Aquatic入門~アクアフィットネス入門~ リンク集

楽天市場