Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

ウィップキック [Whip kick]

マウス画像 元のページに戻る
ウィップキックは、両足の引つける幅を狭く(narrow ナロー)して、しなるように蹴るキックをいう。

文字通り鞭(Whip)のようにしなるキックのことをいいます。競泳の平泳ぎのキックはこれにあたります。

これに対してウェッジキック(Wedge kick)は、はさみ足といい、外側に広く蹴りだし、後方で挟む蹴り方を言います。

足の抵抗を少なくするためには、ひきつけの時は両足間が狭いほどよく、大きい推進力を得るためには、蹴るときの両足間が広いほどいいことになります。

[最終更新日] 2006/01/12
マウス画像 元のページに戻る