Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

面かぶりキック

余白

顔を水面につけてクロールのキックをする

水中に立って,立飛び込みからスタートします。入水前の状態と同じように,両肩で両耳をはさむようにして,両腕を前方に伸ばします。視線は水底の2~3m前を見て,腰を伸ばして脚を動かします。あごが引けていれば,上目使いに前を見るといいでしょう。指先から足のつま先までまっすぐ伸ばして,からだ全体を水中に沈めるようにします。

最初は2~3m進んだら,水中に立って息をついでもかまいませんが,次第に距離を伸ばしていきます。慣れてきたら,途中で息が苦しくなっても立たないで,両腕を横に開き掌で水を押すように顔を上げ,呼吸したら顔をもとに戻すようにします。ヘルパーなどの補助具をつけていれば,そうむずかしくはありません。この動作をおぼえたての段階でやっておくことは,腕を掻く動作(プル)で,水をプレスするときの感覚につながっていくことになります。

[最終更新日]2017/05/25

 - 泳ぎの基本練習法と泳力のつけ方