Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

背面キックから背泳ぎを泳ぐ

余白

先ず,両腕を体側に伸ばし(気をつけの姿勢),仰向けに浮いて,両脚を上下に動かすキックの練習をします。次に,水中での手の使い方の感覚をつかんで,両腕を交互に水上に抜き上げ,交互に水を掻いて背泳ぎを完成させます。

水の中で手のフィニッシュを練習する

仰向けにキックをしながら,体側に伸ばした両腕の肘から先を肩まで引き上げて,水中をお尻の下まで手で水を押し込みます。肘が伸びて手のひらが下向きになるまで掻く理由は,手が掻き終わった後に腰ががる感覚をつかむのと,手を掻くとき同じ側の足を蹴る感覚をつかむために行います。クロールとの違いを覚えるのに役立ちます。

視線と水中での姿勢

仰向けの姿勢では,顔の前面が水中に出ているような状態になります。極端に顎を引いたり出したりしてその分だけ水面上に出たりすると,その分だけ重さが増して水中に沈もうと働きます。陸上でクビを伸ばして気をつけをした状態で,視線を真上にします。反りすぎなら顎を引き,腰が沈むようなら視線を先に移すようにして顎を出すといいでしょう。

腕の動作とストローク

背泳ぎのストロークは,右手が上にあるとき左手は下にあるように,両腕はほぼ対称形で動きます。大人の場合,上の手は手のひらを外側に向けて小指から入水し,親指から抜き上げるなど,最初から意識して覚えるのもいいでしょう。だだ,全体のリズムを優先してください。

[最終更新日]2017/04/24

 - スイミング