Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

50m背泳ぎで競泳を楽しむための練習プログラム

マウス画像 元のページに戻る

この練習が楽にできるようになったって自信がついたら,クラブ内の水泳大会などに出てみましょう。クラブ内で実施していない場合には,地域の記録会記録会に出ることで,目標が明確になり意欲が湧いてきます。目標とするタイムは,ワークNo.10の25mを4本泳いだときの平均タイムを2倍したタイムをが目安となります。練習の途中できつくなったら,1本置きにしてもかまいませんが,25m単位のインターバルはできるだけ頑張ってみましょう。

練習方法 具体的内容 時間
1.ウォーミングアップ 100m~200mMx ストロークをミックスして 5分
2.個人メドレーキック 200mを連続 50mバタフライ,50m背泳ぎ,50m平泳ぎ,50mクロールか2×4×25m。 5分
3.背泳ぎキック 4×50m-1分30秒 1分30秒に1回の割合で,50m背泳ぎキックを4回繰り返す 6分
4.背泳ぎキック 4×25m-1分 1分に1回の割合で,25m背泳ぎキックを4回繰り返す 4分
5.背泳ぎプル 4×50m-1分45秒 1分30秒に1回の割合で,50m背泳ぎプルを4回繰り返す。プルブイがあったら使用。 8分
6.背泳ぎプル 4×25m-1分 1分に1回の割合で,25m背泳ぎプルを4回繰り返す 4分
7.ターンの練習 実際に壁を使って背泳ぎターンを練習 5分
8.背泳ぎのフォーミング 100~200m 腕や足の水中ストレッチ 5分
9.背泳ぎ 4×50m-1分30秒 1分30秒に1回の割合で,50m背泳ぎを4回繰り返す。 8分
10.背泳ぎ 4×25m-1分20秒 1分20秒に1回の割合で,25m背泳ぎ4回繰り返す 4分
11.クールダウン クロールで50mと,その場で腕や足の水中ストレッチ 5分
[最終更新日] 2017/05/25
マウス画像 元のページに戻る