Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

クロールをもう少し楽に泳ぐ方法は?(読者が回答)

マウス画像 元のページに戻る

Questions:自分はほとんど25Mか,まれに50M単位でしか泳げません。それを3-4本やると,体が軽くなりますが,決して長くは続けては泳ぎません。疲れてくると,フォームが乱れて,スピードが落ち,顔横の水流もできなくなり,呼吸もできなくなります。基本的な筋力と心肺能力の問題でしょうか?それと,空気を呑んでしまうので,休んで出さないと苦しくなるんです。

Answers:確かにある程度の距離を泳ぐと,苦しくなりフォームも乱れます。私も同じです。逆に言うと,長距離を泳ぐためのその人なりのフォームがあると思うのです。25M1回を泳ぐフォームと1,000Mを泳ぐフォームは違うはずです。よほど泳力のある選手並みの人なら別ですが・・。(そういう私も競泳経験はありません)

ある程度距離を泳いでみて,初めて自分のフォームがわかる部分もあると思います。「こうすれば楽だ」「これだったら続けられる」というものを見つけましょう!

確かに根本的な心肺能力の問題もあるとは思います。ビート板を持ってキックしたり,フィンを使ったり,長距離に慣れる手段は色々あるはずです。筋力についてはあまり関係ないと思います。(あくまでゆったり長く泳ぐためなら)私のレッスンでのコンセプトは,「いかに力を使わずに泳ぐか?」です。力を使うのはエクササイズ。楽に泳ごうと思ったら,エクササイズしてはいけません。

「空気を呑む」というのは??どんな状態かわからなくもないですが,喉に詰まるような状況でしょうか?泳ぐ場合は,腹式呼吸のように深く呼吸するとうまく出来ません。素早く浅く呼吸しましょう。特に水中で吐くことを意識してみてはどうでしょう。

Answers:これは頂きます。ビート板早速使ってみます。今は30分プル付きで歩いていますが,割と腕に来ます。フィン気持ち良いですね。25Mなら顔を上げてボートのように進めますね。最近はドルフィン平泳ぎで,それでも,25ずつですが,できるだけ短時間だけ休んで,長く続けられるようにしています。

[最終更新日] 2017/09/15
マウス画像 元のページに戻る