Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

ストロークのプルパターン [Pull pattern]

マウス画像 元のページに戻る
各泳法のプルのパターンは、1971年インディアナ大学のジェームズ・E・カウンシルマン博士によって発表されました。それ以前は、水を後方に押すことのみによってからだが前に進むと信じられていました。

しかし、彼が指導した優秀な選手の多くが行っていたプルパターンは、直線的ではなく複雑で多面的な曲線で、しかもその動作には共通のパターンがありました。

優秀な選手のストロークのプルパターンは、かなり似通っていて、平面では表わせないジグザグで複雑な動きをします。

その点初心者は、より直線的で単純な動きともいえます。さらに手のひらも後方に向けて動くだけではなく、スカーリングのような手のひらの動きで水を攪拌しながら後方に移動します。

[最終更新日] 2017/03/04
マウス画像 元のページに戻る