Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

スポーツインストラクターの資格

余白

スポーツインストラクターの資格は,一般に指導者となるための絶対条件ではありません。指導する技術や対象となるスポーツの必要最小限の知識があれば十分です。

しかし,不特定多数の人を相手に,営利を目的にスポーツを指導するのであれば,安全に対する知識は必要です。その意味では,指導者としての知識を得る目的で,講習会を受講するのも一つの方法でが,特別な法人や公益と称する団体が運営しているにもかかわらず,受講料は決して安いとは言えません。

それでも講座の内容が充実していればありがたさも増すのですが,民間ではできないから役所が音頭をとっているというよりは,ありがたい権威や威厳といったものを背景に,おこぼれを頂戴したい民間の団体が,むしろ積極的に冠を求めているといっていいほどのありさまです。

かといって民間の資格と言えば,怪しげなものがほとんどです。先にも述べたように,医者や弁護士のように,資格がなければやれない職業ではありませんから,これから指導者として就職を考えている方は,まずどういう指導者になりたいかを明確にして,就職先に採用されることが先決です。将来何をやりたいかが明確になっていれば,これから取っておきたい資格がハッキリしてきます。

資格は就職をする際,有利にはたらくとは言えません。さらにはその資格が,永久に役立つ事はありません。その講習で何を学んで,何にどう生かしたのかが重要なのです。必要な資格は就職してから,その職場の状況に合わせて勉強して行くことをおすすめします。

[最終更新日]2017/06/02

 - 指導者とスポーツクラブ