Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

山中 毅(やまなか つよし)

マウス画像 元のページに戻る

1939年1月18日 – 2017年2月10日没(78歳)
石川県輪島市生
1956年 メルボルン五輪 400m自由形 銀メダル
1956年 メルボルン五輪 1500m自由形 銀メダル
1960年 ローマ五輪 400m自由形 銀メダル
1960年 ローマ五輪 4×200mリレー 銀メダル

五輪3大会に連続出場し4個の銀メダルを獲得した男

競泳男子自由形で1956年メルボルン、60年ローマ、64年東京と五輪に3大会連続で出場。合計4個の銀メダルを獲得した山中毅氏が2月10日午後10時16分、肺炎のため東京都練馬区の病院で亡くなった。

石川県輪島高校3年の時にメルボルン五輪に出場し、400m 1500m自由形で故マレー・ローズ(豪州)と激戦を演じて銀メダルを獲得。ローマ五輪でも400m自由形ではローズには敗れたものの、800mリレーでも銀メダルを獲得。最後の五輪となった東京大会では400m自由形で6位に入賞している。

早稲田大学進学後の1959年自由形200m、400mで世界新記録を樹立。南カリフォルニア大学在学中の1961年には、2ヶ月間に自由形200mの世界新記録を3度更新したが、五輪の金メダルには届かなかった。

引退後はスイミングスクールを経営するなど水泳の普及にも力を注いぎ、1983年に国際水泳殿堂(International Swimming Hall of Fame)入りをしている。

Joes

[最終更新日] 2017/02/28
マウス画像 元のページに戻る