Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

このサイトについて

Aquatic入門~アクアエクササイズ健康活用法~

相互リンクをご希望の方は,詳細をご確認の上ご連絡ください。

著作権 > 相互リンクお問い合わせ

このサイトは,アクアエクササイズ・・・アクアウォーキング,アクアビクス,スイミングなど,身体に優しい水中運動(アクアエクササイズ)の活用法を紹介しています。水中運動の仕方,水泳ぎのおぼえ方から上手になる技術,利用できる全国のプール,民間のスポーツクラブ,関連のリンク集や水泳用語辞典もあります。これから運動をはじめようとする人がスポーツクラブを選ぶ時や,指導者も利用できるアクアティックウェブサイトを目指しています。

Aquatic入門とは?

「水中運動」の代表である水泳は,他の陸上スポーツをするのに,歩く練習をしないのに比べ,泳ぎをおぼえる段階から泳ぎを使う段階までのすべてを水泳といいます。しかし今日の水泳は,マリンスポーツなどのレジャーとしての水中活動やアクアティック・エクササイズなどの健康づくりとして幅広く受け入れられています。このウェブサイトでは「プールでの健康づくり」を中心に,アクアウォーキング,アクアビクス,スイミングなどの具体的な活用法を紹介致します。

中高年になって運動を始めるには,水中運動が良いと聞いてはいても,泳げない人が水に入ろうとすると,かなりの抵抗があるものです。どんな水着にすればいいか?から始まり,ゴーグルやスイムキャップまで迷うことがたくさんあります。そんな不安を少しでも取り除くために,はじめる前の健康チェックや,プールの概要,水に入る準備の仕方などを紹介しました。

医者がプールでの運動を薦めるからといって,水中運動にあまり過大な期待をしてはいません。アクアエクササイズと同じ強度の運動をするなら,陸上より水中の方が楽にできるという程度に考えて取り組みましょう。

水中運動の最大の効果は,無重力で水中に浮いて運動することで得られます。水中で歩いたり動いたりして,水に慣れて「泳いでみたい」と欲が出たら,フィットネスクラブのレッスンに参加して,泳ぎをおぼえましょう。泳げなかった人が泳げるようになると,もうひとつの人生が始ったような生甲斐が感じられるはずです。

水泳を教わるのはいまさら恥ずかしいという方のために,このホームページはひとりでも練習できる内容で構成しています。じょーずにエクササイズ(Aquatic Exercise-水中での運動)するノウハウが満載です。その情報満載のサイトが,水中でフィットネスを考えている貴方に,最も効果的な運動の方法をお教えします。

水泳用語辞典とは?

また、併設している水泳用語辞典は、ビギナーからアスリートまで、なんとなく解っていてもうまく説明できなかったり、簡単な水泳用語集では満足できなかった人のために、水泳と水泳に関連する用語まで幅を広げながら、少し掘り下げて解説してみました。

水泳の用語は「キック」を「バタ足」、「キックボード」を「ビート板」と言うなど、海外ではわからない日本独特の言い方や用語があります。

競泳の経験者が解説すると、極端に偏ってかえって解りにくくなるところを、できるだけ弊害を少なくなるように書いたもりですので、右側の サイト内検索 窓から用語を検索してください。

また、気になる言い回しや不足している解説など、お気づきの点がございましたらお問い合わせいただけると幸いです。それでは、お楽しみください !

一時サイトを放置しましたが、2017年より改定を進めております。今後ともよろしくお願いします。

運営 : このサイトに掲載した業界や団体に属さない,Joes(ジョウズ)個人が管理人です。

職業 : 水泳愛好家 趣味:スクーバ・ダイビング/アクアリウム/プラネタリウム
Joes

最終更新日:2017/02/21
イルカ画像 このページの先頭へ