Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アロマセラピー

マウス画像 元のページに戻る

アロマセラピーとは,花や草などの植物から抽出した芳香成分のエッセンスの作用で,心身のバランスを整えるヨーロッパで盛んなヒーリング療法で「アロマテラピー」と書かれたり発音されたりすることもあります。

アロマテラピーはリラクセーションやストレスケア そして美容や健康維持,疲労回復に役立てることができます。現代人はいろいろなストレスに囲まれて生きています。 入浴やトリートメント,セルフスキンケアなど, アロマテラピーをうまく生活に取り入れていくことは, 身体と心のバランスを取り戻すのに大きな助けとなるでしょう。

アロマテラピーという言葉は,20世紀初頭,フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷をおい,ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効能を自ら体験したことから,この植物療法をアロマテラピーと命名したことがはじまりです。植物の香りの成分は,数千年もの間,古くは古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。

アロマセラピーとは

植物には植物の体内で情報を伝達したり,植物の花粉を昆虫に運んでもらうため,花粉に昆虫を誘い込むために多くの成分を含んでいます。アロマセラピーは,その植物の成分を濃縮して抽出した「精油」を使います。

アロマセラピーで使われる精油は,嗅覚から脳への伝達によって生理的,精神的に心身に作用し,深いリラクゼーションを与え,潜在意識の扉を開く鍵としてヒーリングの効果を発揮します。

ヨーロッパでは医療機関で医師が精油を治療薬として処方するなど,積極的に使用され,傷や外傷の治療に効果を発揮しています。

ヒーリングの目的としては,香りを楽しんでリラクセーションやリフレッシュをしたり,身体や精神のバランスを整えたり,心身の不調を改善して健康を取り戻す役割を果たすことに使われます。

アロマセラピーの効き目

アロマセラピーは,香りや皮膚などからからだに取り込まれ,脳を刺激して効果を発揮します。まずはからだのメカニズムについて知ることが必要です。

わたしたちは目で見る,耳で聴く,鼻で嗅ぐ,舌で味わう,そして肌に触れるという5つの感覚を持ち合わせています。感覚は刺激となって,わたしたちの脳に情報として伝達され,伝達された情報は脳で判断され,必要なことを命令します。

五感のうち,嗅覚は特殊な感覚とも言われ,生物の進化においては最も早期に発達した原始的感覚で,アロマセラピーではこの嗅覚を用いるのがおもなものです。

[最終更新日] 2017/06/08
マウス画像 元のページに戻る