Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アクアビクスでもプールでメガネを使うのは禁止ですか?

マウス画像 元のページに戻る

Questions:普段行っているスポーツクラブでアクアビクスに参加してみたのですが,極度の近眼で,インストラクターの動きがよく見えない!ということに気づきました。それに加えて,みんなで一緒に体を動かすことはこれまでやってなかったので,ちゃんと他の人と動きが合ってるのかなというちょっとした不安が出てきました。

度入りのゴーグルがあるということは聞いていたのですが,泳ぐのであればともかく,アクアビクスで一人だけゴーグルっていうのも変ですし,コンタクトだと何かの拍子にこけたら流されちゃうかも!などと,心配しております。近眼でアクアビクスをしている方は,どうしていらっしゃいますか? やはり,コンタクトでしょうか?

Answers:管理人の意見は,顔を水につけないんですから,メガネを使っても良いと思うのですが,現状ではコンタクトをつけてやるのがベターなようです。

スポーツクラブ側ももう少し,利用者のことを親身に考えてくれて,個別に許可制にするとかしてくれるといいのですが!

昔,公営プールでは割れないプラスチックレンズのゴーグルでも使用禁止でした。当時は水中メガネというと,眼と鼻を覆う素潜り用の丸いマスクが一般的で,レンズ部はガラスでできていました。「割れると危ない」という理由でしたが,プラスティックのゴーグルと区別しにくかったからだと思われます。

このように,禁止理由がはっきりしているといいのですが,「割れたら管理が大変だから」という理由だけで禁止するのはどうかと思います。プラスティック製ならメガネもコンタクトもOKにしてくれるといいのですが・・・よく見えなくてぶつかる方が危険なのですから!

管理者側の理屈だと,ガラスとプラスティックの違いが解りにくいから・・・ということになるのでしょうね。いずれにしても,最近のメガネレンズはそう簡単に割れたりしませんから,許可してほしいですね。

[最終更新日] 2017/06/28
マウス画像 元のページに戻る