Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

四泳法の中で一番楽な泳ぎはなんですか?

マウス画像 元のページに戻る

Answers:プールに立ってするアクアエクササイズは,誰でもできる運動ですが,その「誰にでもできる」という理由は,陸上と同じ環境であるということが挙げられます。逆に水泳をおぼえる上で,最も難しいのが呼吸です。呼吸のための動作が必要でなければ,人間は生まれながらにして泳ぐことができるはずです。

泳ぎに呼吸動作が不要になれば,バタフライ>クロール順に楽で,平泳ぎは呼吸動作のために頭を起こすのが大変ですから,呼吸がなければクロールの次に楽だと思われます。逆に呼吸のための動作がまったく必要でない背泳ぎは,仰向けに寝ているようで楽そうに見えますが,ストロークの間中,浮揚力(身体を浮かすための動き)がほとんどないために,クロールに比べキックが重要な役割を果たしています。しかし,そのキックも,脚の大きな筋を使った割には浮揚力が得られにくいので,長時間の運動には不向きです。

バタフライが最もきついのは,他の泳ぎと比較して,呼吸のために水面上に持ち上げる頭部を含めた重量が,圧倒的に大きいことによります。同じような平泳ぎは,ストローク(腕の掻き)のフィニッシュによる浮揚力を,頭を水面上に出すことで相殺していますから,頭を出すことが自然であり,さらに頭を前方に倒すことによって,頭の重さを前進する力に変えることができます。平泳ぎがバタフライと違うのは正にこの部分で,ストロークの結果生まれた浮揚力で,頭部は自然に持ち上がり,その質量を次ぎの動作に生かすことができます。

だから平泳ぎが楽かと言うと,バタフライの腕のリカバリーが水面上なのに対して,平泳ぎは水中でリカバリーするために,水の抵抗でリラックスできないのです。

結論として・・・・・
クロールは泳ぐ動作に合わせて,無理なく呼吸することができます。上体の動きに合わせ顔を少し横にひねるだけで呼吸ができるクロールは,呼吸のために重さを支えたりする動作が必要ありませんから,他の泳ぎに比べ最も楽に泳げるということにはならないでしょうか?

なお,めちゃくちゃなフォームで泳げば,それだけ水面上に身体の一部を持ち上げることが多くなり,浮かすための力が必要になるでしょうし,早く掻けば抵抗は「速度の二乗に比例」して大きくなります。キツイかそうでないかは,本人にしか解かりませんが,水泳の技術を磨くことで,さらに楽に泳ぐことができることは確かです。

[最終更新日] 2017/07/12
マウス画像 元のページに戻る