Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

バタフライのプルで陥りやすい欠点

マウス画像 元のページに戻る

プルがワイドすぎて、入水後に手が外側へ大きく開きすぎると、キーホールの最初の円がストロークの大半を占めてしまい、その後のフォロースルーが小さくなった分だけ、加速が加わらなくなります。

逆に最初の円が小さかったり狭すぎると、キックのタイミングにも影響が出たり、スカーリングの効果が得られなくなってしまい、推進力が減少してしまいます。

外側への適度なスカーリングができれてキックのタイミングが合えば、内側へのスカーリングは容易で、左右の指先が触れるくらいにまで描きこむことができます。ここまででしっかり水を抱え込むことができれば、最後の段階へ効果的な影響を与えることができます。

内側へスカーリングをするとき、肘を高く保ったまま指先から抱え込むように描きこまないと、キーホールプルでなくなり、直線的なプルパターンになってしまいます。ストレートなプルパターンは1キックのバタフライのタイミングであり、2キックのバタフライのタイミングは、このキーホールが上手くできるかどうかにかかっています。

[最終更新日] 2017/09/08
マウス画像 元のページに戻る