Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

バタフライプルのフォロースルー

マウス画像 元のページに戻る

バラフライのフォロースルーは、キーホールプルが終わりかけたころ、つまり手が内側ヘのスカーリングを終えたところから始まり、指先がヒップを越えて腕が伸び切ったところで終わります。手による推進力の加速はストロークを通じて大切ですが、このフォロースルーは特に重要です。

プルのスピードが増すにつれて、手がしっかりと水を押さえ続けますが、プルが終わればできるだけスムーズに手を水中から抜き上げますが、この時肘を曲げるのと同時に手のひらは内側を向けて、抜き上げの時発生する乱流を最小限に抑えることが重要です。

腕がしつかり伸ばし切るまで水をプッシュしないと、ストロークのフォロースルーは短くなってしまいます。また、この動作で間違いやすいのはは肘が曲がった状態では水中から腕を抜き上げにくく、スムースなリカバリーに結び付かないので、水をしっかりプッシュして最後までストロークを行わなければなりません。

バタフライは一定のスピードで手を動かして泳ぐことばできますが、プルを通じて加速的にスピードを増加させて手を加速させないと、プルを終えたときの勢いによる惰性がなくなり、腕を水上を運ぶリカバリーでも、余分な力を必要とすることになります。

 

[最終更新日] 2017/10/02
マウス画像 元のページに戻る