Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

平泳ぎのタイミング

マウス画像 元のページに戻る
平泳ぎのプルとキックのタイミングは、水中動作が多く抵抗が大きな平泳ぎには欠かすことができません。

1. うつ伏せに両手を揃えて腕は前方に伸び、脚はつま先まで伸ばした状態で親指を合わせしっかりと伸ばします。
2. 脚が伸びた状態のまま、両手同時に掌を横に開きながらプルを開始します。
3. 手が内側に向かい掻き込み始めるのと同時に、背筋を使って足をヒップに向かって引きつけます。
4. キックは、掻き終った手を前方に伸ばしながら蹴り出します。
5. キックが蹴り終わって足が合わされると、腕はしっかりと前方に伸ばされます。
6. この身体がフラットに伸びた状態は、プルを開始するまで身体が水中を滑っている間は維持します。

[最終更新日] 2017/03/04
マウス画像 元のページに戻る