Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

肘と手のひらの使い方

余白
ストロークの間中、肘を高く保ちながら手のひらの角度を変化させることによって、水をしっかりとつかみ続けることができます。

効果的なスカーリングの動作をするためには、肘を高く保った状態でプルすることと、肘に連動して手首も高く保たれる必要があります。

この肘と手首との関係は、インワードスカルの時に特に重要です。肘を立てることによって、前腕と手首が高く保たれるので、手のひらの内側へのコントロールが可能となります。

手のひらは上向きに角度を変え、加速度的に内側へ掻き込まれることが大切です。このとき肘を張って、スピードが落ちないようにします。

イルカ画像 このページの先頭へ
[最終更新日] 2017/03/04