Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

手首と手のひらの使い方

マウス画像 元のページに戻る
ストロークで肘が高く保たれると、前腕の延長線上にある手のひらはまっすぐ伸ばされます。このときあえて手首を曲げる必要は全くありません。手首が曲がって肘が落ちることはないのです。

肘が高く保たれると自然に手首も高くなり、その延長線上の手のひらにも水圧を感じることができます。水圧を感じることができれば、結果として大きな推進力を得ることができます。

プルのフォロースルーで、手のひらは内側へ掻き込まれた時、親指が上に向きますが、手のひらは上向くことはありません。必要以上に手のひらを反すと、フォロースルー時の胸元の抵抗を増してしまったり、腕のリカバリー動作が不自然になって抵抗になってしまいます。

フォロースルーは、手首を回しながら手のひらを合わせるようにしますが、手と手は拝むまでは合わせず、水をしっかり押さえ、水圧を感じ続けられるところまでにします。

[最終更新日] 2017/03/04
マウス画像 元のページに戻る