Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

呼吸の動作

マウス画像 元のページに戻る
ルール上平泳ぎは、ストロークのサイクルのどこかで1回だけ水面から出れば良いということになりますから、呼吸の時頭を上げればいいことになり、それ以外は水面下でも良いことになります。

このルールに改正されてから、キックによるスピードが最大になったとき頭を水中に没することができ、ヒップが上がってよりフラットにすることができ、からだの抵抗を少なくすることができるようになりました。

吸気は腕のストロークが終わりに近づいたときに頭が上がり、吸気のために顔が前方に上げられます。続いてストロークがフィニッシュすると同時に息を一気に吸って、手を前方に伸ばしきった時から息を吐き始めます。

[最終更新日] 2017/03/04
マウス画像 元のページに戻る