Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

背泳ぎの呼吸

マウス画像 元のページに戻る
背泳ぎは顔が水面上にあるので、他の泳法にはできない自由な呼吸ができますが、逆にいえば自由な分だけ、泳ぎのリズムを乱しやすいとも言えます。

そこで、一般的に言われているのが、どちらかの腕がリカバリーをしているときに息を吸い、反対の腕がリカバリーをしているときに息を吐くというリズムがいいとされています。

つまり、ストロークのテンポに合わせて呼吸をしますので、ストロークのテンポが変化すれば、それに合わせて呼吸のテンポも変わることになります。

[最終更新日] 2017/03/04
マウス画像 元のページに戻る