Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アクアウォーキングの具体的なやり方

マウス画像 元のページに戻る

私たちは普段陸上で生活していますから,かかとやつま先を意識して歩くことなどありませんが,水の中では足の動きを意識的にしなければ上手く歩くことができません。アクアウォーキングを体験すれば,水中での歩きにくさがすぐにわかります。

身体が水面上に半分出ていれば,脚が支える体重は半分ほどですから,身体全体の筋肉のバランスを保ちながら,体重を移動する感覚が陸上のそれと比べ大変むずかしく感じます。アクアウォーキングは,陸上のウォーキングより面白いとも言うこともできます。

陸上のウォーキングは,障害があればその程度によって,歩き方を変えたしてすることも大切ですが,アクアウォーキングは同じ姿勢で,同じ方向に,同じ歩調で歩くことを避けなければなりません。同じ動作を繰り返していると,筋バランスが崩れて障害発生の原因にもなりかねないからです。

そこで「前向き」~「横向き」~「後ろ向き」など様々な姿勢に変化させた歩行をそれぞれ同じ程度の反復回数にして,身体の主要な大筋群の前後左右のバランスを良好に保つことが大切になります。

[最終更新日] 2017/04/11
マウス画像 元のページに戻る