Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アクアエクササイズの運動効果

マウス画像 元のページに戻る

「エアロビクスダンスを水の中でやったものがアクアビクスだ!」とすると,エアロビクスを水の中でやるのは,流れる汗を気にしなくてすむか,水の中で気持ちが良いという程度のことになってしまいます。水泳が全身運動であリ,水平姿勢が血行や代謝機能を促進するのに比べ,アクアビクスは運動効果を考えても,水中運動の入口にしか過ぎない,と言われても仕方がないのかも知れません。

このことは一見して派手なダンス系のアクアビクスを,スポーツクラブなどで試してみればすぐにわかります。つまり水中で運動効果を高めることは,意識的に運動をしない限り困難です。エアロビクスの動作を水中に持ち込んでも,水の中では動きにくいだけで,簡単に心拍数を上げることができないのです。

しかしアクアビクスは万能ではないにしても,陸上運動では得ることのできないメリットは少なからずあります。それは関節の動く範囲を調整することで,運動を変化させるのが容易なことや,掌の角度を変えることで,運動強度(抵抗)を調整でき,スピードを調節することで,運動のペースを維持しやすいことなどが上げられます。つまり水の特性を上手く利用する運動動作そのものが,水中での運動効果を高めることのできるポイントなのです。

[最終更新日] 2017/04/24
マウス画像 元のページに戻る