Aquatic入門【アクアエクササイズとスイミングのポイント 水泳用語辞典 全国屋内プール施設】

水中運動やスイミングの方法と理論、水泳用語辞典や全国のスポーツクラブ案内などのアクアフィットネスサイト

*

アルキメデス(Archimedes)の原理

マウス画像 元のページに戻る
アルキメデスの原理は、水中の物体はその物体がおしのけた水の重量だけ軽くなる、というアルキメデス( 古代ギリシャの数学者 紀元前287-212)が発見した物理学の法則。

水などの流体中にある物体には、重力とは逆の方向の力が作用します。この力を浮力と言います。アルキメデスが発見した原理は浮力の原理で、70kgの体重の人では首から下を水中に沈めると理論上6.78kgになります。

物体が受ける浮力は、その物体と同じ体積(周囲)の流体に作用する重力に等しいという、アルキメデスの原理を数式化すると以下のようになります。

F = ρgV

F:浮力
ρ:流体の密度
g:重力加速度
V:物体の体積

[最終更新日] 2016/03/22
マウス画像 元のページに戻る